親に強迫性障害を告白したら関係が良くなった話




強迫性障害を親に打ち明けたときのエピソードを書いていきます。

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s

病気だった当時、両親はうっとうしい存在でした。

 

強迫性障害とは、強迫観念に囚われ、ある行為や思考を

「しないではいられない」「考えずにいらない」という心の病気です。

 

例えば、

「何度も戸締りを確認してしまう」(鍵をかけ忘れてないか、過剰に不安)

「何度も手を洗ってしまう」(不潔ではないか、異常に気になる)

 
わかっていても、止められない。

こちらは厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_compel.html)からの引用です。

  • 不潔恐怖と洗浄
    汚れや細菌汚染の恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえすドアノブや手すりなど不潔だと感じるものを恐れて、さわれない。
  • 加害恐怖
    誰かに危害を加えたかもしれないという不安がこころを離れず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する。
  • 確認行為
    戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する(何度も確認する、じっと見張る、指差し確認する、手でさわって確認するなど)。
  • 儀式行為
    自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない。
  • 数字へのこだわり
    不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる。
  • 物の配置、対称性などへのこだわり
    物の配置に一定のこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。

 

僕の場合は、

「不潔恐怖と洗浄」「加害恐怖」「確認行為」が主な症状でした。

当時のくわしい病気の状況についてはこちらの記事に書いてます。

 

この病気、本人も不合理と思っている行為を止められないので、周囲から不審がられることが度々あります。

もちろん、家族もその例外ではありません

打ち明けることができず、もんもんとしていました。

 


⇩ブログの最新情報はツイッターでもつぶやいてます( ´ ▽ ` )⇩

ぼくが病気を発症したのは高校1年生の頃。

 

具体的な症状は以下の通り。

・人とすれ違うのが怖い→なるべく出歩かない(ぶつかってけがをさせたらどうしよう)

・自転車に乗るのが怖い→なるべく徒歩(ひいちゃったらどうしよう)

・道端の空き缶が怖い→触れてぼくが位置を変えないように気をつける(人が滑って転んだらどうしよ
う)

・自分の手が菌や血で汚れてないか怖い→何度も手を洗う(人に病気を移したらどうしよう)

などです。

 

家族でコンビニへ行き、ぼくがトイレに入った時のこと。

ハンドソープが置いてなかったため手を洗えず、ぼくはパニックになりました。

その場で石けんを買ったぼくを見て、家族は困惑してました。

 

お風呂は家族で一番最後に入ります。

自分の体で、お風呂が汚染されると思い込んでいたから。

家族はぼくの事情など知らなかったので、

ぼくを不安にさせるようなことを日常的に行います。

 

地面に荷物を置いたり、

トイレを出た後に石鹸で手を洗わなかったり。

その度にぼくは家族に強くあたり、苛立ちをぶつけていました。

理由も言わない息子に、両親は戸惑っていたでしょう。




 

 

 

病気を告白したきっかけ

7年の闘病の末、症状は回復していったのですが、家族や周囲にはほとんど言わずじまいでした。

その辺の記録はこちら

 

やっぱりどう思われるか怖かったですし、黙っとこうと思ったのです。

家族に話すことになったきっかけは、

昨年、新卒で入った会社を辞めて起業する決断をしたことでした。

こちらを参照。

 

ぼくが家族に退職を告げたのは、会社に退職届を出した後のこと。笑

びっくりした両親は、当時赴任先の地方で一人暮らしをしていたぼくの下宿まで駆けつけ、退職を取り消すよう説得してきたのです。

 

息子の将来を案じてのことだったとは思います。

しかしその時、ぼくの気持ちは爆発するのです。

 

「俺がどれだけ辛かったかわかる?強迫性障害って病気だったんだけど知らなかったよね?」

「こんだけ苦しい経験をしてきたんだから、この先の人生は俺が好きなようにやる!!」

 

振り返れば、

病気のことは伝えてなかったのだから、

知らなかったことを責めるのは理不尽でしたね。笑

 

でも、そんなぼくの告白を、両親は意外にも落ち着いて受け止めてくれました。

それまでの退職取りやめを迫る態度も影を潜め、

ぼくの経験をゆっくり聞いてくれたのでした。

 

打ち明けられないままに過ぎた、あの7年間を取り戻していくかのように。

この日を境に、明らかに、ぼくは両親に心を許せたと思います。

周囲に打ち明けてみてもいいかもしれない

ぼくが病気だった時は、通院先の先生と、限られた友人しか病気のことを知りませんでした。

 

ぼくは両親に強迫性障害を告白した後は、

仲の良い友人にもたまーに、「実はね…」って打ち明けてます。

意外も意外。

 

「実は俺もウツで…」とか、

「実は私も会社で精神的に参っててさー」とか、

ぼくの告白を受け止めた上で、自分の悩みを話してくれる友人の多いこと。

 

正直、「みんなも案外、悩みごとあるんじゃん」って思うと気が楽になりました。

病気の時は誰にも言えなかったけど、

言ってみても良かったかも?といまは思います。

 

人によっていろんな反応もあるだろうけど、

現在進行形のみなさんも、打ち明けてみれば

心の重荷が少し軽くなるかもしれませんよ。

 


⇩ブログの最新情報はツイッターでもつぶやいてます( ´ ▽ ` )⇩










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。