強迫性障害の薬は怖いって本当?




強迫性障害の治療の柱は、認知行動療法と薬物療法です。

薬物療法は、「精神科の薬になんとなく抵抗感がある」「副作用が怖い」などのイメージでやりたくないという方もいます。

しかし、多くの患者が薬物療法で効果を実感しているのも事実。

正しい知識を知って、薬物療法について理解を深めましょう。

 

どんな薬を使うのか知ろう

強迫性障害の薬物治療では、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬を使用します。

強迫性障害の症状は、脳内の神経伝達物質「セロトニン」の働きが低下することが原因と考えられています。

SSRIはこのセロトニンの減少を抑える薬で、主に抗うつ薬として使用されますが、強迫性障害にも効果があることが分かっています。

 

また、三環系抗うつ薬「SRI」(セロトニン再取り込み阻害薬)も使うことがあります。

いずれも抗うつ薬なので、うつ病を併発している場合にも、改善が見込めます。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として処方される薬

  • ルボックス(マレイン酸フルボキサミン)
  • デプロメール(マレイン酸フルボキサミン)
  • パキシル(パロキセチン塩酸塩)
  • ジェイゾロフト(セルトラリン)※保険適用外

 

SRIとして処方される薬

  • アナフラニール(クロミプラミン)

 




 

薬物治療の進め方

薬物治療の特徴は、比較的即効性があること。

それでも、効果が出始めるまでには服用を始めてから数週間〜数ヶ月ほどかかります。

薬物治療では、最初は1種類のSSRIの服用を始め、少しずつ服用量を増やしていきます。

一定期間(数ヶ月〜半年)ほど服用を続けて、効果が見られない場合は、違うSSRIに切り替えます。

それでも効果がない場合、三環系抗うつ薬に切り替えたり、抗精神病薬(リスパダール、ジプレキサなど)を併用したります。

 

薬が効き始めて、症状が改善しても、服薬を勝手に中止すると「再発」する場合があるので、要注意。

薬物治療では、約半数の人が症状改善すると言われています。

前向きに服薬を検討した方が良いでしょう。

 

短所も知っておこう。副作用は?

SSRIには副作用がありますが、他の抗うつ薬と比べると少ないとされます。

起こる可能性のある副作用は

  • ボーッとする
  • 下痢、便秘になる
  • 吐き気がする

 

などが典型的です。

人によっては、

  • 不安になる
  • イライラする
  • 怒りっぽくなる

という症状もあるようです。

ただ、いずれも服用を続けるうちに軽くなっていく場合が多いです。

副作用が改善しない場合は、担当医に相談しましょう。

まとめ

薬物治療は、決して怖いものではありません。

認知行動療法と違い、薬を飲むだけ、という手軽さも魅力です。

※認知行動療法は、強迫行為をあえて我慢するなど、初期は苦しさが伴います。

担当医の指示を守りながら、適切に服薬を続ければ、多くの強迫性障害患者に症状の改善がみられるのが、薬物治療です。

治療の選択肢を狭めないためにも、薬物治療を過度に恐れることはやめましょう。


参考資料

本人も家族もラクになる 強迫症がわかる本 ココロの健康シリーズ(翔泳社)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。